hba1cが高い状態を長年放置すると糖尿病になり、神経障害を引き起こします。

糖尿病神経障害

 

糖尿病が恐ろしい病気だと言われるのは高血糖状態になるからではなく、恐怖の3大合併症を招く危険性があるからです。

 

その合併症の中でも最も起こりやすいのが神経障害と言われるもので、神経は体の全身に張り巡らされていますから、神経に障害が起きるとそれが原因で多くの症状が体全身に出てきます。

 

そして、神経障害によって否応なしに生活の質を低下させられる事になります。

 

血糖値やhba1cが高いと診断された方は、糖尿病の合併症についての知識を深め、糖尿病の症状や血糖値が高い状態を早期発見、治療するようにしましょう。

 


糖尿病とは一見関係なく思える神経障害の主な症状

糖尿病神経障害症状

 

糖尿病の神経障害の中でも、まずは程度の軽いものから紹介していきましょう。

 

神経は人の体の全身に無数に張り巡らされていて、運動や間隔などを司っています。これらの抹消神経が高血糖が原因でダメージを受けて引き起こされるのが糖尿病神経障害です。

 

抹消神経とは知覚神経、自律神経、運動神経の3つを総称したもので、高血糖になるとこの3つ全ての神経がやられてしまいます。

 

例えば知覚神経がやられると足の痺れや痛みが生じますし、自律神経がやられると食欲不振や便秘、下痢などの症状が出ますし、運動神経がやられると眼球などでしたら物が見えずづらくなるでしょう。

 

いずれの場合も血糖値を正常値の範囲内のコントロールする以外に改善する方法はありませんから、運動療法食事療法などで血糖値を下げる治療を行っていく事になります。

 

胃のむかつき、食欲不振、吐き気

神経障害の症状として、胃のむかつき、食欲不振、吐き気が現れます。糖尿病の合併症の症状などは気がつかない事がほとんどなので、こういった症状が頻繁に現れるようになったら、医療機関で診察を受けましょう。

 

異常に汗が出る

体や顔から異常なほど汗が噴き出る事も神経障害の症状として現れます。手足の発汗は逆に少なくなりがちです。

 

立ちくらみや不整脈

全身に張り巡らされた血管に障害が出る事によって、立ちくらみや不整脈の症状が出る事があります。

 

手足の痛みやしびれ

知覚神経が障害を受けた事が原因で、手足に痛みやしびれが生じたり、冷たさや温かさを正常に感知できない感覚異常が見られるケースもあります。最悪の場合、足が腐った壊疽(えそ)になります。

 

下痢や便秘

自律神経が障害を受けて便秘や下痢の症状が出ます。これもまた、糖尿病の合併症だとは気づかれないケースが大半です。

 

尿が出にくい

神経障害の影響で尿が出にくいという現象が現れる事があります。このうような場合には、お腹に力を入れて尿をしぼりだすようにして排尿します。

 

勃起不全(ED)

男性は、糖尿尿の合併症で勃起不全になる事がしばしばあります。


目の血管が破れる糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

 

慢性的な高血糖が原因で目の網膜の血管に障害が起きる網膜症は、糖尿病の合併症の中でも恐ろしいものの1つです。

 

最悪の場合失明してしまう可能性もありますから、日々の血糖値のコントロールはもちろんの事、定期的に眼科を受診して早期発見につなげる事が重要です。

 

糖尿病発症後4〜7年くらいで、糖尿病患者の10〜20%が糖尿病網膜症になると言われていて、糖尿病の期間が長いほどこの合併症が発病するリスクは高まります。

 

糖尿病網膜症の初期にはほとんど症状がなく、かなり進行してからでないと自覚すらありませんから、定期的に眼科で検査を受けて視力が低下していないかどうかを確認しなければいけません。

 

失明して初めて自分が糖尿病にかかっていた事を知るという糖尿病患者もいるくらいですから、糖尿病は早期発見がどれほど重要かがわかるでしょう。


尿を作れなくなる糖尿病腎症(じんしょう)

糖尿病腎症

 

3つ目にご紹介する糖尿病の恐ろしい合併症が、自分の体では尿を作れなくなってしまう糖尿病腎症(じんしょう)と呼ばれる腎臓の病気です。

 

糖尿病腎症は、腎臓をとりまく細い血管が高血糖が原因で障害を起こすと、腎機能が低下して尿が作れなくなるというもので、尿として体外に排出される有害物質や不要な水分が体内に溜まってしまいますから、体内の毒素が溜まっていく事になります。

 

この溜まった毒素を排出しなければ命にかかわりますから、人工透析装置をつけて体外に人工的に毒素を排出する事になるのです。

 

日本人の人工透析患者の原因で最も多いのが、この糖尿病の合併症「腎症」によるものなのです。

 

しかし厄介な事に腎機能が低下していっても初期段階ではほとんど自覚症状は現れず、自覚症状が現れるようになるのはかなり腎機能が低下してしまった段階になってからなのです。

 

現れる腎症の症状としては、むくみや高血圧、吐き気や倦怠感、体のかゆみ等です。

 

腎機能がほぼ失われてしまった段階では人工透析以外に生き延びる方法はなくなってしまいますから、初めは少し血糖値が高い程度だと思って甘く見ていた糖尿病も、合併症がここまで進行してしまうと、もはや気軽に旅行に出かけたりする事もできなくなってしまう体になるのです。


糖尿病神経障害まとめ

いかがだったでしょうか?

 

たかが高血糖と甘く見ていても合併症が行くところまで進行してしまうと、失明、人工透析など、もはや自分の力だけでは生きられない悲惨な状態になってしまうのです。

 

糖尿病が恐ろしい病気だと言われる理由はここにあります。

 

こういった状態になってしまう事を避けるためにも、糖尿病の早期発見に努め、適切なタイミングで適切な治療を行っていかなければならないのです。

 

糖尿病を予防し、hba1cを下げる方法を学んで今すぐ対策するようにしましょう!

 

TOPへ